会社の設立の流れ

会社設立を決意した時に考えることについて

いつか会社をやめて独立したい、起業したいという考えがある場合には、その形態や会社設立までの手順や手続きについて知っておいたほうがいいでしょう。 独立する場合には、個人事業主として独立するか、法人会社を作るかということになります。 最初は、個人事業として事業を始めてから株式会社などに変更することも可能となります。最初から会社設立するか、軌道に乗ってからにするかは個人の判断となります。 社長になりたいという願望と経営のためには会社設立を視野に入れて手続きを開始してもいいでしょう。 株式会社など、会社設立をする場合には自分で行うか、司法書士などの専門家に依頼するかのどちらになります。今は、ネットには会社設立のための情報がたくさんあるのでまずは勉強のために自分で手続きを行ってもよいでしょう。

法人にした場合のメリットとデメリットについて

株式会社などの会社設立をした場合には、社長となることができます。会社設立までも大変なのですがもっと大変なのは社長となり経営を軌道に乗せることなのです。 そこからが、本当の苦労となるのかもしれません。 法人会社を設立する場合には、個人事業主の時にはなかったメリットを得ることができます。それは、会社としての信用を得ることができることです。また、節税の対策を個人事業主ではできなかったことまですることができるようになることです。 しかし、デメリットもあるのです。 それは、従業員を雇う場合には社会保険料の負担をすることになるということです。法人税についても均等割で納めることになります。 このように、メリットとデメリットがありますが会社として軌道に乗せることができれば嬉しいことはないでしょう。